マンションは賃貸すべき?売却すべき?徹底比較!

転勤などで引っ越しをしなければいけないとき、マンションの扱いをどうするか悩むところかもしれません。賃貸マンションとして人に貸すか、売却してしまうかが現実的な選択肢となりますが、それぞれの方法にはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?徹底比較してみましょう。

マンション売却のメリット・デメリット

最初に、マンションを売却する場合のメリットとデメリットについて考えてみました。

マンション売却のメリット

次の点がメリットとして挙げられます。

まとまったお金が手に入る

マンションを売却した場合、物件の状態次第ですがまとまったお金が手に入ります。場合によっては、数千万単位で回収できるので、その後の住まい探しもスムーズにいくはずです。また、将来、経済がどう動くかはわかりませんが、デフレになった場合は早めに売却しておいた方が有利になるでしょう。

回収金額は多いに越したことはありません。さらに、賃貸物件として保有し続ける場合、空室になると収入がなくなるというリスクもありますが、売却した場合はそのリスクはありません。

税金、不動産管理費用がかからない

仮にマンションを売却せずに、賃貸物件として保有し続ける場合、リフォーム費用や住宅の維持管理費、固定資産税など、毎年一定の費用がかかります。売却した場合は売却時点で税金はかかりますが、それ以降の費用はかかりません。

マンション売却のデメリット

次の点がデメリットして挙げられます。

不動産資産がなくなってしまう

先にも書いた通り、経済がどう動くかはわかりません。しかし、インフレになった場合、不動産を持っていた方が有利になります。値上がりする見込みが生じるからです。その場合、不動産を手放してしまったら損失が生じます。インフレ対策を重視するなら、マンションを売却しない方が有利でしょう。

希望価格で売れるとは限らない

実際にマンションを売却する場合、不動産会社に仲介を頼み、買ってくれる人を探すところから始めます。その際に設定した希望価格で売却できれば一番いいですが、条件が折り合わない場合は価格を下げる必要も出てくるので、当初の資金計画が狂ってしまうおそれもあるのです。

参考:マンションを1円でも高く売る方法5選

マンション賃貸のメリット・デメリット

次に、マンションを保有し続け、賃貸物件にする場合のメリットとデメリットについて考えてみました。

マンション賃貸のメリット

次の点がメリットとして挙げられます。

資産を保有しつづけられる

売却するわけではなく、自分の資産を人に貸して家賃をもらうことになるので、マンションを資産として保有しつづけられます。将来、経済がインフレに転じたとき、不動産を持っているのは有利なので、インフレ対策を重視するなら賃貸をおすすめします。

収入が入る

入居者がいさえすれば、毎月家賃という形で収入が入るのは大きな魅力です。副収入を確保したい方にはおすすめです。

デメリット

次の点がデメリットとして挙げられます。

収入は不安定

家賃として収入が入る、と書きましたが、あくまで空室にならなかった場合の話です。空室になった場合、その期間の家賃は入りません。運が悪ければ、入居者がなかなか現れない可能性もあることを肝に銘じておきましょう。

税金、不動産管理費用がかかる

当然ですが、マンションを保有し続けるのが前提なので、固定資産税やリフォーム費用などがかかります。特に、マンションのコンディション次第では、多額のリフォーム費用が必要になる場合もあるので、予想外の出費が生じることも……資金計画が狂うのは、賃貸にした場合でも同じです。

入居者とのトラブル

世の中、マナーのいい入居者の方ばかりではありません。残念なことに、トラブルを起こす入居者の方もいます。マンションを賃貸物件として人に貸した場合、トラブルにどう対処していくか考えるのも重要な戦略の一つとなるでしょう。

また、賃貸物件にしていたマンションに再度自分が住みたい、という場合も慎重に対処しなければいけません。入居者の方が引越してくれるなら問題はありませんが、うまくいかなかった場合もトラブルになります。

売却する場合でも賃貸する場合でも必要なことは?

マンションを売却する場合、賃貸する場合でも、最低限考えなければいけないことについても触れておきましょう。

ライフプランを明らかにする

一番大事にすべきなのは、どういう目的をもって、マンションを売却・賃貸するのか考えることです。例えば、転勤で引っ越す場合、任期が数年だったとしたら戻ってくる場合もあるため、所有しておく目的で賃貸を、と考えるかもしれません。

しかし、先にも触れたとおり、入居者が自分の都合だけでいつでも出て行ってくれるとは限りません。期間や戻ってくることが明確なら、定期借家契約を交わすなど、しかるべき対処が必要です。

参考:突然の海外転勤、マンションはどうする?3つの選択肢を知ろう!

適切なパートナーを選ぶ

売却・賃貸のいずれの場合であっても、どういう業者と手を組むかによって成果が出せるかが決まってきます。売却の場合、そのエリアの中古マンションの販売に強い業者を選ぶのが絶対条件です。不動産会社の大手・中小を問わず、物件の特性をしっかり理解してくれる不動産会社を見極めましょう。

賃貸の場合は、いい管理会社と手を組むのが重要です。管理会社がよければ、トラブルへの対応もぐっと楽になります。

参考:【徹底解説】不動産会社の選び方・7つのポイント
参考:リロケーションっていったい何をするの?

スケジュールは前倒し気味で動く

実は、売却・賃貸の場合であっても、やらなければいけないことがとても多いです。書類の手配、打ち合わせ、内覧の受け入れなど、同時並行で進めなければいけない作業が存在します。なるべくスケジュールを前倒しにし、人の手を借りながら動きましょう。

参考:マンション売却の流れとポイントを徹底解説

マンション高く売るならこのサイト!

マンション一括査定サービスの中で一番優秀なのが、「マンションナビ」です。独自のマッチングシステムで約500社の不動産会社の中から信頼できる会社を選択できます。初めての売却は失敗が多いので、マンションの売却を失敗しないためにもマンションナビを利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です