マンションを売却するのに一番いい時期は?

中古マンションは常に一定の値段で売れるとは限りません。取引の状況次第で、値段が大きく動くのはよくあることです。そうなると、マンションを売却するのに一番いい時期はいつ?という疑問がわいてきませんか?

もちろん、時期を外れても、マンションは売却できます。そのためのコツも併せて押さえましょう。

需要が多い時期は確かにある

最初に、中古マンションの需要が大きい時期について考えてみましょう、

ライフイベントの時期は確かに動く

一般的に、中古マンションの主要な購買層は、働き盛りの人たちと言われています。そのため、転勤を伴う人事異動が行われる時期には、中古マンションの需要が高まるでしょう。お子さんの夏休み中に生活基盤を整えておきたい方は7月に入居を希望されるケースが多いです。この場合、取引は5~6月から始まります。

また、年越しを新しい家で迎えたい場合は12月に入居を希望されるでしょう。この場合は、取引は9~11月に行われることが多いです。

さらに、新年度の4月から新しい住所で生活を始める場合、3月には入居しておきたいところです。この場合、1~2月には取引を始めないと間に合いません。案外、中古マンションの需要が高まる時期は多いようです。

基本は早めに動くこと

中古マンションの需要が高まる時期は案外多いのならば、実際に売却する時には何に気を付ければいいのでしょうか?大原則は「早めに動くこと」です。

マンションを売却するなら、引越しをしなければいけません。引越しは荷物の整理や書類の手配など、やらなくてはいけない作業がとても多くなっています。

そのため、可能な限り前倒しにできる作業は済ませていくべきでしょう。売却を決めた時点で、不動産会社にコンタクトを取るのをおすすめします。

マンションを希望の時期・金額で売却するためのコツ

ここで、マンションを希望の時期・金額で売却するためには、どんなことに気を付ければいいのか考えてみましょう。

目標を明確にする

最初にとりかかるべきことは、「いつまでに、どのくらいの値段で売りたいのか」という目標を明らかにすることです。具体的な数字にまで落とし込みましょう。この作業を行うことにより、不動産会社との打ち合わせがスムーズにいきます。

参考:マンション売却の流れとポイントを徹底解説

マンションのスペックを明らかにする

不動産会社と打ち合わせを始めていくためには、売却しようとしているマンションの情報を正確に把握する必要があります。部屋数、間取り、面積、築年数などマンションのスペックに関わる情報はしっかり見直してください。不動産会社がマンションの査定を行う場合にも、とても重要な情報なので、一度確認するといいでしょう。

マンションを買ってくれそうな相手を考える

ここまでやったら、次は実際にマンションを買ってくれそうな相手を考えましょう。相手は若い夫婦、ファミリー、シニアのいずれの層でしょうか。どの層が購入するかにより、適切な売り出し方は変わります。

ネットでの集客に力を入れるか、店頭広告に力を入れるかなどの営業戦略がここから決まるので、話し合いを重ねましょう。

経済の動きに注目する

景気動向、金利動向、税制にも注目しましょう。例えば、増税直前は高い買い物をしようとする人が増えるため、中古マンションの需要も増えます。金利が低下傾向にあれば、ローンを組みやすくなるため、やはり中古マンションを買いたがる人が増えるはずです。

一方、景気が良くなれば、高額な中古マンションも売れるようになるでしょう。慣れないとわかりにくいかもしれないので、常に情報をチェックしましょう。

売却価格の設定、値下げのタイミングを見極める

マンションを売却する際は、不動産会社による査定結果を踏まえ、売却価格を設定します。どのぐらいの水準に設定するかで、実際に売れるまでかかる期間が異なるので、慎重に行いましょう。需要の多い時期なら、多少は強気に設定してもかまわないはずです。

一方、需要の少ない時期なら、やや低めに設定した方が売れやすいでしょう。また、最初に設定した売却価格で売れない場合は、タイミングを見て値下げをする必要もあります。値下げをする場合も、どれぐらいの幅で値下げをすればいいかを慎重に考えてください。

参考:マンションを1円でも高く売る方法5選
参考:マンションを早く売るための6つの方法

不動産会社の担当者との相性を見極める

さて、ここまで書いてきたことを全部的確に実行するためには、どうすればいいでしょうか。やはり重要なのは、不動産会社の担当者との相性を見極めることです。

お客様の情報をしっかり把握し、適切な営業戦略の策定やアフターフォローができる担当者を見つけられれば、マンション売却はぐっとスムーズにいきます。マンションを売却したい場合、早く話をまとめようとするあまり、不動産会社を最初から1つに絞ってしまうのはありがちです。

しかし、最初から絞ってしまった場合、担当者との相性が悪ければ、マンションの売却計画自体がとん挫する可能性もあるのです。相性はしっかり見極めてください。いい相性の担当者を見つけられれば、マンション売却を超えた人とのご縁をいただける可能性もあります。

参考:【徹底解説】不動産会社の選び方・7つのポイント

マンション高く売るならこのサイト!

マンション一括査定サービスの中で一番優秀なのが、「マンションナビ」です。独自のマッチングシステムで約500社の不動産会社の中から信頼できる会社を選択できます。初めての売却は失敗が多いので、マンションの売却を失敗しないためにもマンションナビを利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です