マンション売却をキャンセルされた場合の原因とペナルティーとは?

マンションが簡単に売れなくて気をもんでいたけど、やっと購入希望者が現れた。しかし、「思っていたのと何かが違う」とキャンセルされた・・・。売主の側からすると、本当に「また一からやり直しか」と落ち込んでしまう話です。

一方、売主が「やっぱりこのマンションは売りたくない」とキャンセルし、買主が「また一から探すのか……」と落胆するパターンもあるでしょう。どちらにしても、相手方に相当な負担を強いることから、マンション売却については、キャンセルした場合のペナルティーも法律で整備されています。

今回はペナルティの内容と、マンション売却がキャンセルされる理由について、詳しく解説しましょう。

そもそも、いつマンション売却がキャンセルされる?

まず最初に、マンション売却がキャンセルされるタイミングを考えてみましょう。大まかには、次の3つに分類されるので、ペナルティーとともにまとめました。

 タイミング ペナルティー
購入申込~売買契約の前 特になし
売買契約後~手付解除期日 手付金相当を支払う
手付解除期日後 違約金も別に発生する

1.購入申込~売買契約の前のペナルティー

まず、最初の購入申込から売買契約の前についてですが、まだ契約に至っていないため、どちらからキャンセルしても法律的には問題となりません。ただし、一方的な都合でキャンセルする場合、誠実にお詫びは言いましょう。

2.売買契約後から手付解除期日までのキャンセルとペナルティー

マンション売却の契約を結ぶ際、手付金を受け取ります。手付金の金額ですが、売買代金の1割程度が相場となっています。法律で決まっているわけではないので、当事者間の話し合いのうえであれば、金額の設定は自由です。

ただし、売主が宅建業者である場合は、手付金は売買代金の20%までと上限が決まっています。さて、手付金とはどんな性質のお金なのでしょうか?一般的に用いられる3つの手付を、わかりやすくするために、表にまとめてみました。

証約手付 手付金は、契約の締結を証明するために授受する。
解約手付 手付金を放棄、または、倍額を相手方に返すことで、契約の解除が可能となる。
違約手付 当初の契約に違反した場合、手付金が没収される。

マンション売却の場合の手付は、特段の取り決めをしなければ、解約手付とみなされるのが一般的です。

つまり、買主側はその手付金を放棄すればキャンセルでき、一方で売主側は手付金の倍額を支払えば解除できる性質を有しています(手付解除)。

ただし、手付解除ができるのは、相手側が「履行の着手」をするまでとされています。マンション売却に当てはめた場合、買主が申し込んでいた住宅ローンの審査に通り、金融機関と契約する手続きに入った時点で手付解除が難しくなると考えてください。

合わせて読みたい

3.手付解除期日後

手付解除期日後、つまり手付解除ができなくなってから、マンション売却をキャンセルする場合、どうなってしまうのでしょうか?

この場合、売買契約書の記載に従い、違約金を支払いますが、売買金額の2割程度を支払うのが一般的なようです。

なお、「履行の着手」をした後の解約については、契約当事者間の合意による解除なので、違約金の金額を話し合いで減額してもらえるケースもあります。しかし、なかなか了承は得られないのも現実なので、キャンセルに至った経緯を真摯に説明した上で、契約書通りの金額を払うつもりでいきましょう。

マンションをキャンセルせざるを得ない理由と対処法は?

最後に、どんな理由でマンション売却がキャンセルされてしまうのかを考えておきましょう。まず、売買契約を正式に締結する前は、どちらからキャンセルしても何のペナルティもありません。

特に、売主が返事を遅らせたせいで、買主の気が変わってしまい、結果としてキャンセルするのはよくある話です。売主の立場にある方は、返事はスムーズにするように心がけましょう。キャンセルが問題になってくるのは、売買契約を締結した後でしょう。

買主が「やっぱり気が変わったから、キャンセルしたい」と思うのなら、手付金を全額放棄すればいいだけですし、売主はその倍額を返せばいいだけです。特に、買主が住宅ローンの審査を終えてないなら、(負担は生じますが)、そこまで重大ではありません。最も重大なのが、手付解除期日後のキャンセルです。

売主・買主にどうしても引越せない事情ができた場合、どちらからキャンセルしたとしても、相手には相当な負担がかかります。特に、売主の側からキャンセルした場合は、買主は新しい家を探さなくてはいけません。

そうならないためにも、マンションの売主・買主の双方が住宅ローンの支払い、今後のライフプランを考えた上で、慎重に物事を進め、キャンセルしないようにするのが鉄則です。

しかし、人生、何が起こるかわからないのだから、マンション売却についても、「絶対キャンセルしない」なんて言い切れません。

どうしてもキャンセルせざるを得ないことだってあるはずですが、仮に自分の都合でキャンセルする羽目になった場合、相手方に誠実に謝罪するのが一番大事な対処法ではないでしょうか。

マンション高く売るならこのサイト!

マンション一括査定サービスの中で一番優秀なのが、「マンションナビ」です。独自のマッチングシステムで約500社の不動産会社の中から信頼できる会社を選択できます。初めての売却は失敗が多いので、マンションの売却を失敗しないためにもマンションナビを利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です