マンション売却手続きをスムーズに進める為の徹底解説!

マンションを売却したい場合、「どのタイミングで何をしなければいけないか」という手続きの流れを把握するのが重要です。流れを把握しておけば、必要な書類が手配できない、時間がないといったトラブルはだいぶ回避できます。そこで、不動産会社・金融機関・その他の3つに大別して、必要な手続きについて解説しましょう。

不動産会社との間の手続き

マンションを売却する場合、ほとんどの人が不動産会社に依頼して物事を進めるはずです。それでは、実際には不動産会社とどのようなやり取りが必要になるのでしょうか?

1.マンションの査定を申し込む

マンションを売却するにあたっては、最初に「自分のマンションを売却する場合、いくらで売れるのか?」を把握しなくてはいけないので、査定を申し込むところから売却を始めましょう。そうはいっても、なかなか最初から「どこの不動産会社に頼むか」を決められる人はいないはずです。一つの判断基準として、まずは一括査定サイトを利用してみるのをお勧めします。

一括査定サイトの利用は極めて簡単で、築年数・所在地など、売却したいマンションの基本的な情報を入力したら、あとは送信ボタンを押すだけです。すると、登録している不動産会社から連絡が来る仕組みになっています。

5社程度に一括査定を申し込み、その中から「これなら納得がいく」と思えた不動産会社2~3社には、訪問査定に来てもらう前提で話をすすめましょう。訪問査定とは、売却しようとするマンションを実際に見てもらい、より正確な査定額を決定することです。不動産会社の担当者と日程を合わせ、マンションを案内しましょう。

その後、査定額を提示してくる流れになりますが、この時「なぜその金額にしたのか」という理由を必ず確認してください。理解できる理由を示してくれるかどうかで、実際に依頼するかを決めるといいでしょう。

2.媒介契約を締結する

実際に依頼する不動産会社が決まったら、媒介契約を締結します。不動産会社は、マンションを売却したい人と購入したい人をマッチング(媒介)し、無事に売買が成立したら、成功報酬という形で仲介手数料を手に入れます。

その際、どこまで不動産会社に任せるかで、締結すべき媒介契約の内容が違ってくるのです。わかりやすくするために、表にしてまとめました。

一般媒介契約 専任媒介契約 専属専任媒介契約
他の不動産会社への依頼 できる できない できない
売主への状況報告の義務 なし 2週間に1回以上 1週間に1回以上
レインズへの登録義務 任意 必須 必須
自分で買主を見つけてくる
(=自己発見取引)
できるできる できる できない
契約の有効期限 制限なし 3か月以内 3か月以内
項目名が入ります 項目内容 項目内容 項目内容

状況に応じて、どの契約を結ぶかを柔軟に考えましょう。

合わせて読みたい

3.売買契約を締結する

不動産会社と媒介契約を結び、買手が見つかれば、売買契約の締結に進みます。不動産会社のオフィスで、立会人(宅建士資格のある不動産会社の社員がほどんどです)、司法書士、金融機関の担当者などが同席して行われます。実際の流れですが、売主と買主とで若干異なる部分があるので、こちらも比較しやすいように表にまとめました。

売主 買主
①宅建士から重要事項の説明を受ける。
②売買契約書を確認する。 ②売買契約書を確認する。
③売買契約書の内容に問題がなければ署名捺印する。 ③売買契約書の内容に問題がなければ署名捺印する。
④その場で手付金を支払う場合は、売主に渡す。
⑤その場で手付金を受け取る場合は、買主から受け取った手付金を数え、領収書を作成する。
⑥売主から領収書を必ずもらう。
合わせて読みたい

金融機関との間の手続き

金融機関との間の手続きが必要になるのは、「住宅ローンが残っている状態でマンションを売却する場合」です。

1.抵当権抹消の相談をする

マンションを売却する前に、大前提として覚えておいていただきたいことがあります。住宅ローンが残っている状態ではマンションは売却できません。金融機関で住宅ローンを組んだ場合、金融機関は対象となる物件(ここではマンション)に抵当権を設定します。抵当権とは、わかりやすく言えば「住宅ローンの返済が滞ったら、最終的にはその物件を競売にかけて住宅ローンの返済に充てる権利」です。

仮に、抵当権が残ったままマンションを売ってしまい、その後住宅ローンの支払いが滞ったとしましょう。最終的に競売されてしまったら、そのマンションを購入して住んでいた人が追い出されてしまいます。これではあまりに酷なので、抵当権が残っている間は、その物件は売却できないのです。実際は、物件の売却と同時に住宅ローンを完済するようにすれば、抵当権も抹消できることになっています。

合わせて読みたい

そのため、抵当権抹消の相談と書きましたが、より正確には「物件の売却と住宅ローンの完済を同時にするためのタイムスケジュールを策定する」ための相談と考えるといいでしょう。マンションの売却を考え始めた時点で、すぐに金融機関に相談するのをおすすめいたします。

2.決済手続きをする

では、具体的にはどうスケジュールを立てるのでしょうか?

売買契約書を締結する際、契約書の中に「本物件引渡日」の項目が設けられています。日付は、一般的には売買契約書を締結した日から3か月前後になる場合が多いです。この「本物件引渡日」がマンションを売却した場合の決済日となります。

例えば、買主と8月1日に売買金額2,500万円、手付金250万円、本物件引渡日を11月1日にした売買契約書を締結した場合は、11月1日に2,250万円を受け取り、売却するマンションを買主に引

マンション高く売るならこのサイト!

マンション一括査定サービスの中で一番優秀なのが、「マンションナビ」です。独自のマッチングシステムで約500社の不動産会社の中から信頼できる会社を選択できます。初めての売却は失敗が多いので、マンションの売却を失敗しないためにもマンションナビを利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です