【徹底解説】不動産会社の選び方・7つのポイント

マンションをはじめとする不動産を売却する場合、一番大事なのは、どの不動産会社に仕事を頼むかということです。不動産会社選びで失敗してしまうと、マンションが売れないどころか、トラブルに巻き込まれ、経済的・精神的に消耗するのも珍しくありません。では、何に気を付けて選べばいいのでしょうか?

不動産会社選びが重要な理由

最初に、なぜ不動産会社選びが重要なのか考えてみましょう。

重要な決断を自分だけでやるのは難しい

極端な話、マンションを売る場合に、ご自身で売主を見つけてきて、交渉や手続きもこなせるなら、不動産会社は不要です。しかし、ご自身に不動産会社での業務経験があるならともかく、ほとんどの方にとっては、不動産会社抜きで交渉や手続きを行うのは不可能に近いでしょう。

マンションの売却は重要なイベントです。そのイベントを成功させるには、適切なパートナーを手配する必要があります。そういう意味で、不動産会社選びはとても重要なのです。

不動産会社の選び方7つのポイント

不動産会社を選ぶにあたっては、しっかりとポイントを押さえることが大事です。7つのポイントを解説しましょう。

ポイントその1・免許番号を確認する

マンションをはじめとした不動産の売買・仲介を行うためには、宅地建物取引業の免許が必要となっています。不動産会社の事務所の所在地により、免許を付与する人(=免許権者)が違うことも覚えておいてください。

  • 複数の都道府県に事務所(本支店等)を構えている場合:国土交通大臣
  • 1つの都道府県にのみ事務所(本支店等)を構えている場合:都道府県知事

なお、免許番号は次の3つの情報から構成されています。

  1. 免許権者:国土交通大臣または都道府県知事のいずれかです。
  2. 更新回数:免許は3年ごとに更新されます。番号が大きいほど営業期間が長いという意味です。
  3. 番号:不動産会社事に付与されます。

ポイント2・宅地建物取引業者名簿を確認する

不動産会社の概要をしっかり知りたければ、宅地建物取引業者名簿を確認しましょう。次の事項が記載されています。

  • 免許の年月日
  • 役員の氏名
  • すべての事務所(本支店等)の所在地
  • 過去の行政処分の状況
  • 他の事業の兼業状況

ポイント3・業界団体への加入状況を調べる

不動産業界には、次の4つの業界団体があります。ほとんどの不動産会社がいずれかの団体に加入しているので、加入状況も調べてみるといいでしょう。

  • 公益財団法人全国宅地建物取引業協会連合会
  • 一般財団法人不動産流通経営協会
  • 公益財団法人全日本不動産協会

ポイント4・媒介契約の形態を決める

不動産会社にマンションの売却を頼む場合、正確には「マンションを買ってくれそうな人を探してもらい、マッチングをお願いする」ことになります。これを難しい言葉で言うと「媒介」となります。媒介には次の3種類があるので、違いをしっかり押さえましょう。

契約形態 一般媒介契約 専任媒介契約 専属専任媒介契約
契約有効期間 原則なし(行政の指導では3か月以内) 3か月以内 3か月以内
自己発見取引(※1) 認められる 認められる 認められない
他の業者に依頼する 出来る 出来ない 出来ない
依頼した人への報告義務 なし 2週間に1回以上 1週間に1回以上
レインズ(※2)への登録義務
・登録完了日
なし 7日以内に登録登録後、登録済み証を交付 5日以内に登録登録後、登録済み証を交付

※1 自分で買い手を見つけてくること。
※2 不動産流通機構

ポイント5・大手と中小の良さを見極める

一言で不動産会社と言っても、大手と中小の会社があります。それぞれにメリットがあるので、ご自分が何を望むかを考えて選びましょう。

大手のメリット
  • 経営基盤がしっかりしているので、信頼できる。
  • 見込み客が多いので、マッチングまでのスピードが速い。
  • 広報活動にかけられる資金が豊富である。
中小のメリット
  • 小規模な運営を行っているので、顧客それぞれの事情に合ったきめ細かいサービスができる。
  • 長年経営している会社だったら、地元独自の事情に詳しい。

「大手だからいい、中小だからダメ」ということではありません。大事なのは、ご自身の事情に合った対応をしてくれるかどうかです。

ポイント6・一括査定サイトも使ってみよう

不動産会社を選ぶ際、ご自分の足で一軒一軒回るとなると、手間がかかって大変です。平日の日中は仕事をしている、という方だったら、そんな時間はまずないでしょう。そうなると、ある程度の目星をつけておくのが必須になります。そこで活用していただきたいのが一括査定サイトです。

使い方はいたって簡単。所定のフォームに売りたいマンションの情報を入力し、送信ボタンを押せば、不動産会社から査定結果が返ってきます。その中から数社をピックアップし、担当者とコンタクトを取ってみましょう。24時間、インターネットさえ使えればどこでも申し込めるので、活用する価値はありますよ。

ポイント7・担当者との相性が一番大事

ここまで、不動産会社の選び方について、テクニカルな部分から解説してきました。最後に、原始的かもしれませんが、一番大事なことに触れておきます。不動産会社の担当者の話です。「この人なら、任せられそう」と思える人かどうかをしっかり見極めてください。

  • わからないこと、不安なことにしっかり耳を傾けてくれる。
  • 価格、手数料など、お金が絡む場合、計算の根拠を示してくれる。
  • メール、電話へのレスポンスが速い。すぐには返信できない場合でも、フォローがある。

これらに注意して、観察してみるといいでしょう。

マンション高く売るならこのサイト!

マンション一括査定サービスの中で一番優秀なのが、「マンションナビ」です。独自のマッチングシステムで約500社の不動産会社の中から信頼できる会社を選択できます。初めての売却は失敗が多いので、マンションの売却を失敗しないためにもマンションナビを利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です