火災保険と特約を知る~賢く商品を選ぶために

家に住んでいる以上、火を使わないで生活できる人も少数派なので、常に火事=火災のリスクにはさらされています。ご自身で気を付けていても、ご近所から出火し、結果としてご自身の家にも被害が及んでしまうケースだってあるのです。やはり、保険を使うなど相応の備えをしておくのに越したことはありません。

そのために火災保険を使いますが、どんな保険なのかちゃんと説明できますか?なかなかわかりにくい用語、どれを付けたらいいのかわからない特約も含めて解説します。読めばきっと「火災保険って、こういうこと!」とわかるはずです。

そもそも火災保険ってなんだ?

火災、と名前についているためか、火災保険を火災で被った損害のみを補償する商品と勘違いしている人は多いかもしれません。しかし、火災のみならず案外様々な災害を補償してくれる商品だという点はまず押さえておきましょう。

ここで、どんな災害を補償してくれるのかについて、表にまとめてみました。

<火災・破裂・爆発・落雷>(表作成)
火災/家が燃えた場合(※1)
破裂/空気の破裂(ガスボンベなど)の破裂などで家が損害を被った場合
爆発/何らかの爆発が起き家が損害を被った場合
落雷/雷が落ちて家が損害を被った場合(※2)

※1 故意・重過失の際は対象外。
自分で火をつけた、ガスコンロを消し忘れた、石油ストーブの近くに燃えるものを置いていた場合などがこれに当たる。ただし、放火された場合は対象となる。

※2 補償範囲に家財を含めていない場合は、パソコン・テレビなど動かせる家財については補償されないので注意。

<風災・ひょう災・雪災>※3 ※4(表作成)
風災/強風が原因で家に損害を被った場合。
ひょう災/ひょうが原因で家に損害を被った場合。
雪災/雪が原因で家に損害を被った場合。

※3 経年劣化、故意・重過失、軽微の損害の場合は補償されない。
※4 損害額が火災保険の契約で設定した自己負担金額以下なら補償されない。

<水災・土砂災害>※5 ※6
水災/床上浸水または地盤面から45センチ以上の浸水で損害を被った場合。
土砂災害/

※5 床下浸水や地盤面から45センチ未満の場合は補償されない。
※6 地震による津波の場合も保証されない。

<日常災害・盗難・破損汚損>(表作成)
盗難/外部の第三者の不法侵入により、家の物品が盗難された場合。
物体の飛来・衝突/外から物体が飛んできた、落ちた、突っ込んできたなどの理由で家に損害が生じた場合。
水濡れ/水道管が破裂して床や壁が濡れ、損害が生じた場合。※7
破損・汚損/自分のミスで家に損害を生じさせた場合。
集団破壊行為/デモをしていた人が暴れたため家や外壁を壊された場合。

※7 自分が蛇口を開けっ放しにしていたなど、自分に過失がある場合は補償されない。

こうしてみると、案外様々な補償をしてくれる商品だというのがお分かりいただけたかと思います。

では、特約ってなんだ?

火災保険の場合、基本となる補償以外にも、オプションとして様々な特約を付けることで、基本となる補償を充実させたり、補償範囲を広げることができます。実際につけられる特約は、保険会社や商品によって異なりますが、ここでは一般的に広く用意されている特約について解説します。

<火災保険にセットできる費用保険金>(表作成)
地震火災費用保険金/地震による火災で家が半焼以上の被害を被った場合に補償される。
半壊とは、次のいずれかの場合を指す。
①建物の主要構造部の火災による損害額がその建物の協定再調達価額の20%以上である。
②建物の焼失した部分の床面積がその建物の延べ床面積に対し20%以上に達している。
臨時費用保険金/火災・風災など、メインの補償の対象となる損害が生じた場合、当該損害額の10%~30%(商品によって数値は異なる)の支払いが別途受けられる特約。
ただし、限度額があるので注意。
残存物片付け費用保険金/メインの補償の対象となる損害が生じた場合、修理や立て直しに先立ち片づけをする場合にかかる費用が補償される。
実費が支払われるケースが多いが、保険金額の1割等上限を定めている場合もあるので確認すること。
損害原因調査費用保険金/損害が生じた原因を調査する場合にかかる費用が補償される。
特に、マンションなど集合住宅における水濡れ事故において、原因と被害が生じた場所を特定するために用いられる。
損害拡大防止費用保険金/火災が起こり、消火器を用いて火を消した場合に消火器を買う費用が補償されるなど、損害が起こった場合に拡大を防ぐためかかった費用が賄われる。
失火見舞い費用保険金/自分の家から火災になってしまい、周囲の家や家財に損害が生じた場合、お見舞金を補償するために使う。
水道管凍結補修費用保険金/水道管が凍結して壊れた場合、修理するための費用が補償される。

<補償拡大・追加のための特約>
個人賠償責任特約/子どもが自転車で事故を起こし相手をケガさせたり、遊んでいて誰かのものを壊してしまった場合など、他人のものを壊したり、ケガをさせた場合に賠償額相当の金額が補償される。
類焼損害補償特約/自分の家が火元となり、他人の家を燃やしてしまった場合、損害額相当額が補償される。
携行品特約/カメラを落として壊した場合など、家から持ち出した家財を壊したり、盗難された場合に補償される。

火災保険と特約を選ぶときに気を付けてほしいこと

火災保険は思っているより補償範囲の広い商品ですし、特約を付けることで様々なケースに対応できます。しかし、当然ですが特約をつければつけるほど、毎月の保険料は跳ね上がるので、「自分にはどんな補償が必要か?」を考えながら選んでください。

また、水害でも地震による津波のように、火災保険ではカバーしきれない災害もあるため、地震保険も含めて商品を検討しましょう。2011年の東日本大震災の時は、火災保険でカバーしきれないケースが多発し、改めて保険に関する知識の必要性がクローズアップされました。値段だけではなく、補償の内容も含めて検討するのが、一番賢い選び方です。

マンション高く売るならこのサイト!

マンション一括査定サービスの中で一番優秀なのが、「マンションナビ」です。独自のマッチングシステムで約500社の不動産会社の中から信頼できる会社を選択できます。初めての売却は失敗が多いので、マンションの売却を失敗しないためにもマンションナビを利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です