実際、不動産業界の仕事って何するの?必要な資格は?

世の中にはたくさん不動産会社があります。誰でも名前を知っているような大手から、地元に根差したサービスを展開している中小まで、規模は様々です。でも、そこで働く人たちって、普段はどんな仕事をしているのでしょう?何となくはわかるけど、細かいところまではなかなかわかりませんよね。そのあたりを詳しく調べてみました。

不動産業界のお仕事その1・営業

不動産会社と聞いて、たいていの人が「ああ、営業の人が走り回っているよね……」と思い浮かべたのではないでしょうか。不動産だって、「モノ」である以上、売らなければ話になりません。

そのため、営業担当は不動産業界においては、重要な位置を占めているのも事実です。さらに、営業担当を担当する業務別に細かく分けてみましょう。

1.売買仲介営業

マンション、アパート、一戸建て、土地などの不動産を売りたい人と買いたい人のマッチング(=仲介)させ、成約したら仲介手数料を得て、不動産会社は収益を上げています。そのため、販売できる不動産を探したり、売却を委託された不動産を買ってくれる人を探したりするのが主な仕事です。合わせて、不動産の査定も行うため、不動産や関連法規に関する幅広い知識が求められます。

2.賃貸仲介営業

不動産を売るだけが、不動産会社の役目ではありません。マンション、アパートなどの不動産を所有している大家さんと、部屋を借りたい人のマッチングも行い、仲介手数料を得ています。そのため、大家さんを探して物件を扱えるように交渉し、交渉が成立したところで、その物件を借りてくれる人を探すのが主な仕事です。

3.住宅販売営業

不動産会社の中には、分譲マンションや一戸建ての販売に力を入れているところもあります。そのため、住宅展示場などにいらっしゃったお客様に対し、営業活動を行うのが主な仕事です。ノルマが課されている現場も多く、営業成績次第では驚くような月収をあげている人も中にはいます。

不動産業界のお仕事その2・企画開発

大規模なマンション、ショッピングモールなどは、綿密に企画開発を行わないと、収益は上がりません。そのため、プロジェクトに適した土地を見つけ、どう利用していけば経営を軌道に乗せられるかどうかを考える必要があります。

企画開発の仕事は、これらの一連の流れを全体として担当し、プロジェクトを成功に導くことです。どちらかといえば、中小の不動産会社よりは、ゼネコン企業を系列に持つ不動産会社でこのような業務を担当するチャンスが訪れる場合が多いでしょう。

不動産の知識に加え、マーケティング、経営戦略、財務など幅広い知識を吸収し、それを実際の仕事に生かしていく能力が求められます。また、様々な関係者との折衝も求められるので、コミュニケーション能力も必要です。責任も重いし、大変な仕事ではありますが、やりがいが大きいのは何よりの魅力でしょう。

不動産業界のお仕事その3・バックオフィス(事務)

事務、バックオフィスというと一見地味に思えるかもしれません。大きな案件のとりまとめに立ち会うわけでもなければ、お客様と渡り合って交渉をバリバリ進めていくわけでもないのです。

しかし、どんな会社であっても事務が正確かつスピーディーな仕事をしていなければ、経営は立ち行かなくなります。ましてや、不動産業界は、数千万円(場合によっては数億円)の資金が伴う取引を日常的に行う業界です。バックオフィスが機能しているかどうかで、その不動産会社の命運が決まると考えておきましょう。

不動産業界で働くための資格は?

不動産業界の仕事と一口に言っても、実は様々な仕事があるとお分かりいただけたでしょう。どの仕事をするかは、その時の状況次第でもありますが、すべてに共通する点があります。それは、「不動産の知識があったほうが有利」ということです。

できることなら、仕事に慣れてきたタイミングで、宅地建物取引士の資格を目指すのをお勧めします。不動産の取引においては、重要事項説明といって、物件の基本的な情報など、法律で定められた情報を書面を見ながら説明しないといけません。法律(宅地建物取引業法)によって、重要事項説明ができるのは宅地建物取引士だけと決まっています。

つまり、宅地建物取引士の資格があれば、任せてもらえる仕事の幅がぐっと広がるため、キャリアアップにつながるのです。不動産業界を目指すなら、宅地建物取引士の資格を取る前提で動くのをおすすめします。

また、資格とは言えないかもしれませんが、普通自動車免許は必須と考えてください。不動産会社の場合、お客様に実際に物件を見てもらう機会がとても多いです。その際、車で案内する場合も多いため、車の運転ができるかどうかも、仕事を任せてもらえるかどうかを左右します。ペーパードライバーの方は、一度教習所でペーパードライバー講習を受けておくといいでしょう。

マンション高く売るならこのサイト!

マンション一括査定サービスの中で一番優秀なのが、「マンションナビ」です。独自のマッチングシステムで約500社の不動産会社の中から信頼できる会社を選択できます。初めての売却は失敗が多いので、マンションの売却を失敗しないためにもマンションナビを利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です