ホームインスペクションって何?業者選びのポイントも教えます!

「一生に一度の買い物」と言われるマイホーム。マンションであっても、一戸建てであっても、買うからには質がいいものを納得がいく値段で手に入れたいところです。しかし残念なことに、近年、欠陥住宅や偽装マンションなど、日本の不動産の質を疑ってしまう報道が相次いでいるのも事実でしょう。

最終的には、不動産会社の担当者の良心と自分を信じるしかありませんが、その前にできることとして、ホームインスペクションを覚えておいてください。

ホームインスペクションって何?

ホームインスペクション(住宅診断)とは、マンション・一戸建てなど住宅の知識を備えたホームインスペクター(住宅診断士)が、独立・中立の専門家として、住宅の劣化状況、欠陥の有無チェックし、改修すべきポイント、かかる費用・時間など必要なアドバイスを行う業務です。

いわば、「家のお医者さん」と考えるとわかりやすいでしょう。日本ではまだまだ認知度が低いですが、アメリカでは一般的に行われている業務なので、今後、日本においても普及していくことが期待されています。マイホームを購入・売却する前にホームインスペクションを行えば、建物の状態が客観的に把握でき、取引の信頼性が増すのが最大のメリットです。

一般消費者だけでなく、不動産会社が物件の状態を説明するための資料として、ホームインスペクションの結果を利用するのも珍しくありません。実際のホームインスペクションでは、ホームインスペクターが各部屋の床・壁・天井などの仕上がり、歪みの有無、建具・設備の取り付け状況、ライフラインの動作確認を目視や精密機械を用いて調査します。

その上で、音・匂い・防犯上の問題を解決するためのアドバイスを行うのが一般的な流れです。

いつホームインスペクションを頼むのがいいの?

ホームインスペクションを頼むタイミングは、申し込みが完了し、実際に契約に至る前がベストです。理由を説明しましょう。一般消費者がホームインスペクションを使う理由は「その家を購入していいのかどうか判断したいから」がほとんどです。

そうなると、契約前にホームインスペクションを行っておかなくてはいけないことになります。しかし、物件を見学し、申し込みに至ってない段階でホームインスペクションを行うと、その間に他の購入希望者が現れてしまう可能性があります。

そこで、買付証明書などの書類に記名・押印をし、不動産会社の定める申し込み金(1~10万円程度)を支払った段階で、ホームインスペクションの手配もしてください。この方法なら、ホームインスペクションの結果を受けて、補修を行った上で購入するか、購入自体を白紙に戻すかの選択ができます。

申し込みを行っただけでは、法的には「契約前」となるため、権利・義務は発生していません。購入自体を白紙に戻しても、申し込み金は全額返金されるので、安心して物事を勧めましょう。

業者を選ぶ際のポイントは?

ホームインスペクション業者を選ぶ際のポイントは、次の○点です。

1.業界団体に所属しているか

ホームインスペクション業界の業界団体に「日本ホームインスペクターズ協会」があります。内閣府の認証も受けたNPO法人です。

参照
日本ホームインスペクターズ協会
https://www.jshi.org/

日本のホームインスペクション業者を管轄する団体でもありますので、まずはここに加盟しているかどうかをチェックしてください。公式ホームページから、お住まいがある地域で業務を行っているホームインスペクターを検索できます。

2.「何をどこまで行うか」を明確にしているか

一口にホームインスペクションといっても、目視検査のみで終わらせるのか、精密機械を用いて細かくチェックを行うのかでは、かかる時間も費用も違います。依頼する際は、「何をどこまで行うか」を明確にしてもらいましょう。

説明を聞く際も、専門用語を使わずに説明しているか、質問には的確にこたえてくれているかを見極めるといいでしょう。また、同時に総費用のチェックも行ってください。法外な金額は論外ですが、そうでなければあまりに安いホームインスペクターは選ばない方がいいかもしれません。サービスで安くしているならまだしも、行う業務の範囲が狭いから安い、という場合もありうるためです。

万が一、不動産会社に嫌な顔をされたら?

ホームインスペクションは、日本ではまだまだなじみの薄い検査です。そのため、実施を希望する旨を不動産会社の担当者に伝えると、戸惑う、もしくはいい顔をしない場合もあるでしょう。まずは「なぜ、ホームインスペクションをしたいのか」を明確に伝えてください。

それで理解を示してくれるなら特に問題はありませんが、いい顔をされなかった場合は、不動産の購入そのものを見送る決断も迫られるでしょう。断言はできませんが、売ろうとする不動産に自信があるなら、ホームインスペクションを断る理由はありません。

不動産は高い買い物である以上、吟味して購入を決めるのは、一般消費者に認められた当然の権利です。当然の権利を保障してくれる不動産会社から家を買うのが一番いいのは明白でしょう。

マンション高く売るならこのサイト!

マンション一括査定サービスの中で一番優秀なのが、「マンションナビ」です。独自のマッチングシステムで約500社の不動産会社の中から信頼できる会社を選択できます。初めての売却は失敗が多いので、マンションの売却を失敗しないためにもマンションナビを利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です