物件の売却を成功させる不動産業者のマイソク・5つのポイント

物件を売りたい、買いたいという人は、まずは不動産会社とのやり取りを始めるはずです。その中で、募集案内図面・販促図面を見る機会も出てくるでしょう。「マイソク」とは、これらの募集案内図面・販促図面を指す業界用語で、もともとは図面を専門に作成する同名の会社があったことから、このように呼ばれるようになりました。

実はこのマイソク、不動産業者の売却成功にかける意気込みが現れるので、しっかりチェックしておきましょう。

マイソクの記載内容とは?

実際には、各不動産会社のフォーマットに従って独自に作成されるため、決まった形式はありません。ここでは、ほとんどの不動産会社が記載しているであろう内容をご説明します。

(表作成)
建物の名前/マンション、アパートの場合、「○○ハイツ」「○○マンション」など建物自体に名前がついています。住所から位置がわからなくても、建物の名前で認識してもらえる可能性が高いので、ぜひ記載してもらいたいところです。また、大手ゼネコンが手掛けるマンションのブランドの場合、名前を記載すればアピール効果も大きくなります。
価格/不動産を買いたい人はまずここを見てきます。
間取り・間取り図/「○畳」「リビングルーム」というように、広さと使用目的が書いてあると、買いたい人にとってより見やすくなります。
住所/住所から物件を絞り込む人にとっては、もっとも大事な情報の一つでしょう。
築年数/「○年○月竣工(築○年)」という書き方をする場合が多いです。
周辺情報/公共交通機関へのアクセス(駅徒歩○分)、周辺の生活情報(学校、保育園、病院、スーパー等)を書く場合が多いです。
用途地域/住居の用途が書いてあります。分かりにくければ、不動産会社に確認しましょう。
構造/鉄筋コンクリート造、軽量鉄骨造など、建物の構造が書いてあります。これもわかりにくければ不動産会社に確認しましょう。
管理費、修繕積立金/月額、年額の別も書いておくと親切です。
不動産会社情報/社名、住所、連絡先、担当者名が一般的でしょう。
取引・媒介の形態/仲介、専任媒介、一般媒介などの形態を記載します。

魅力あるマイソクにするための3つのポイント

マイソクの記載内容を押さえてもらったところで、次の話に移ります。不動産売買においては、マイソクはとても重要ですが、なぜだかわかりますか?一言でまとめれば、「いろいろな人が最初に見る資料だから」です。マイソクは不動産会社の営業所に来た人だけではなく、既存顧客の人や、提携する他の不動産会社に渡したり、その情報をレインズやネットに掲載したりします。

つまり、幅広く不動産の情報を知ってもらうきっかけとなる資料であるため、「この物件、一度見てみたいな」と思わせられるかどうかが勝負になるのです。そこで、魅力あるマイソクにするためにチェックしたいポイントを3つご紹介します。

1.カラーで作成されているか

一般的なマイソクは、白黒(もしくは青)の一色刷りが用いられる場合が多いです。しかし、最近ではコピー機も進化しているので、昔よりは安いコストでカラーコピーが作れるようになりました。

そこで、予算の許す限りはカラーを用いることをおすすめします。当然ですが、カラーの写真があった方が、買いたい人も物件のイメージを膨らませやすいはずです。

2.アピールポイントは盛り込まれているか

もしあなたが物件を売りに出す側の人だったら、いままで住んできた中で「この物件のここが好きだった、便利だった」と思うポイントはきっとあるはずです。次に住む人にとっても、確実に有用な情報となるはずなので、物件のアピールポイントとして盛り込んでもらいましょう。

3.写真は使われているか

物件の良しあしを判断するためには、写真はとても重要な資料になります。スペースの許す限り、写真を使ってもらいましょう。腕に自信があるなら、ご自身で撮影した写真を提供するのも一つの選択肢です。

魅力的なマイソクを作るための2つのポイント

では、魅力的なマイソクを作る=大事なポイントを押さえたものにしてもらうには、どうすればいいのでしょうか?ポイントは「事前の情報収集」と「コミュニケーション」です。

1.事前の情報収集

あなたがマイソクを作ってもらう側の人=売りたい人なら、物件のアピールポイントになりそうな情報をまとめておきましょう。最初は「この家はここが魅力的だった」というポイントをメモしたものでも構いません。また、写真も撮影しておきましょう。

もし、マイソクに使うには不足がある写真だったとしても、不動産会社の担当者に「こういう雰囲気の写真を入れてほしい」という説明には使えます。

2.コミュニケーション

不動産会社の担当者も「この物件はどうアピールすれば売れるか」という点については考えて動いてくれます。その点を聞きだし、意見を出していきましょう。綿密なコミュニケーションを重ねれば、通り一遍の情報ではわからない物件の魅力が伝わるマイソクができあがるはずです。

マンション高く売るならこのサイト!

マンション一括査定サービスの中で一番優秀なのが、「マンションナビ」です。独自のマッチングシステムで約500社の不動産会社の中から信頼できる会社を選択できます。初めての売却は失敗が多いので、マンションの売却を失敗しないためにもマンションナビを利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です