マンション売却「ありがち」な6つの理由と1つの対処法

せっかく購入したマンションを売却しなければいけないーどんな人にも起こりうる出来事でしょう。でも、その裏にはそれぞれの理由が隠れているはずです。

ここでは、マンションを売却する理由と、それに応じた対処法を考えてみました。

「ありがち」な6つの理由

マンションを売却する理由として、一般的に考えられるものをまとめてみました。
次の6つをここでは取り上げます。

  • 家族構成に合った家に住み替えたい。
  • 通勤、通学に便利な場所に引っ越したい。
  • 事業を始めるなどの理由で、まとまった資金を調達したい。
  • 住宅ローンが返せなくなった。
  • 離婚が決まった。
  • 住んでいるマンションで事件が起こった

さらに詳しく説明していきましょう。

広い家に住み替えたい

お子さんが生まれた、高齢のご家族と同居することになったなどの理由で、今住んでいるマンションが手狭になった場合、広いマンションや一戸建てへの住み替えを検討し始める方は多いでしょう。もちろん、逆のパターンもあります。

お子さんが独立して夫婦2人の生活になった、配偶者に先立たれて実質的な一人暮らしになった、などの理由で、今住んでいるマンションが広すぎる、という理由での住み替えも考えられます。いずれのケースにおいても、資金を確保するためにも、マンションを売却するのが必要になるでしょう。

通勤、通学に便利な場所に引っ越したい

仕事が忙しい方の場合、毎日の通勤時間を短縮したいという理由で、マンションを売却するケースが多いです。さらに、転勤で勤務先が変わった場合も、マンションを売却するきっかけにはなります。

最近増えているのが、お子さんが私立・国立小学校への進学を希望しているために、受験資格がある地域に引っ越したいというケースです。このように、交通事情の変化に応じた住み替え、というのも、マンション売却の理由として考えらえるでしょう。

事業を始めるなどの理由で、まとまった資金を調達したい。

いわゆる「脱サラ」をして、事業を始める場合、住宅ローンなどの負債はないに越したことがありません。事業を回していくには相応の資金がかかりますし、金融機関から融資を受ける場合にも、負債はできるだけない方が有利になります。

マンションを売却すれば、まとまった資金が手に入るので、資金繰りの面からも安心です。

住宅ローンが返せなくなった

基本的に、住宅ローンは「返せる見込みがある金額を借りる」ことを前提として、融資が行われるものです。しかし、会社が倒産した、病気になった、家族の介護をしなければならなくなったなどの理由で、住宅ローンの返済が滞る可能性は十分にあります。

そうなった場合、最終的にはマンションを売却するしかなくなるでしょう。住宅ローンの滞納が長期化してしまうと、競売にかけられてしまうこともあるので、早急に対策を講じるのが必要です。

参考:マンションのローンが払えない場合の売却方法~任意売却について

離婚が決まった

離婚すれば、世帯が分かれることになります。どっちか一方が出ていくことになるでしょう。また、夫婦共有名義で住宅ローンを組んでいた場合、清算するために売却するケースもあります。

実際にこの理由で売却する場合、かなりやり取りをするにあたっては気が重くなるはずですが、悪いことではないので、胸を張っていきましょう。

参考;離婚が決まった場合のマンション売却の流れは?

住んでいるマンションで事件が起こった

1から5までにあげた理由はあくまで「個人的な事情」の範囲を出ない話です。しかし、住んでいるマンションで、火災、自殺、殺人、傷害などの事件が起き、住み続けることに対して不安を抱いて売却を検討するケースもあり得ます。

難しい言葉でいうと、心理的瑕疵といいますが、これが理由で売却金額が低くなったり、そもそも売却自体ができなかったりするのが現実です。

だからといって、これらの心理的瑕疵を伏せたままマンションの売却を進めるのだけは絶対にやめましょう。心理的瑕疵はマンションをはじめとする不動産を売却する際の重要事項説明に該当するため、必ず説明しなくてはいけません。

もし、伏せたまま売却できたとしても、後になって買主がその事実を知った場合、瑕疵担保責任に基づく損害賠償の請求や、計約解除になる可能性もあるため、慎重に対処してください。

参考:瑕疵担保責任って何?トラブルに対処できる知識教えます!

対処法~結局、必要なことは?

マンションを売却するにも、様々な理由が背景に隠れていることはお分かりいただけたと思います。しかし、どのような理由であっても、マンション売却を成功させるために必要なポイントがあることも覚えておきましょう。それは「不動産会社との相性」です。

マンション売却は、理由によって取るべき販売戦略が異なります。売主の希望をしっかり聞き、適切な販売戦略を打てる不動産会社の担当者を出会えるかどうかで、マンション売却の成否は決まります。小手先のテクニックだけではなく、「この人になら何でも話せそうだな」と思えるか、というのも大事にしてください。

参考:【徹底解説】不動産会社の選び方・7つのポイント

マンション高く売るならこのサイト!

マンション一括査定サービスの中で一番優秀なのが、「マンションナビ」です。独自のマッチングシステムで約500社の不動産会社の中から信頼できる会社を選択できます。初めての売却は失敗が多いので、マンションの売却を失敗しないためにもマンションナビを利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です