マンションを不動産会社を通さないで売却するメリットとデメリットを考えた

マンションなど、不動産を売却するときは、不動産会社仲介してもらうのが一般的です。つまり、不動産会社に頼み、買いたいと思ってくれる人を探してもらうのですが、自分で探す方法もあります。

この場合、不動産会社は通しません。そこで、不動産会社を通さないでマンションを売却するメリットとデメリットを考えてみました。

マンションを不動産会社を通さないで売却するメリット

最初に、メリットについて考えてみましょう。

仲介手数料がかからない

不動産会社にマンションの売却を依頼した場合、仲介手数料がかかります。「売買価格の3%+6万円」という式で計算された数値が上限となりますが、実際はこの範囲内で不動産会社が自由に決めていいので、まちまちです。

中には0円に設定している会社もありますが、大抵は出費として見込んでおく必要があるでしょう。ところが、不動産会社を通さなければ、仲介手数料はかかりません。節約、という意味ではかなり大きいでしょう。

参考:マンション売却の際は、仲介手数料に注意しよう

場合によってはスムーズに取引が進む

もし、マンションを友人・知人・親戚など、すでに素性が知れている人に売る場合、買主を探す必要はありません。この場合、広告を打つ必要もないので、不動産会社を通さない方がスムーズに取引が進む可能性があります。

マンションを不動産会社を通さないで売却するデメリット

一方、デメリットにはどんなことがあるのでしょうか?

自分であらゆることをやらなければいけない

不動産会社に依頼しない場合、買主を見つける場合の広告活動、物件調査、契約書の作成、登記手続き、融資など、一連の手続を自分でこなさなければいけません。何度も取引をしている、もしくは、司法書士・税理士など専門知識を有する職業についている場合、自分だけでもスムーズにやれる可能性はあります。

しかし、大抵の人にとっては初めてのことであるため、なかなかスムーズにはいかないでしょう。正直、会社勤めをしている人が仕事と同時並行でこれらの手続をこなすのは不可能に近いでしょう。

参考:マンション売却の流れとポイントを徹底解説

トラブル対応に不安が残る

売却したマンションに万が一不具合があった場合、その不具合にかかる修理代金を売主が補償しなければいけないケースがあります瑕疵担保責任)。どこまで補償するかは売主と買主の間の取り決め(特約)によって決まりますが、この取り決めも専門的な知識がないとなかなかうまくできません。

参考:瑕疵担保責任って何?トラブルに対処できる知識教えます!

ちゃんと契約書に盛り込んでおかないと、仲介手数料の負担が必要になるケースもあるので、注意してください。

参考:現状渡しでも瑕疵担保責任は負う?関係を理解しよう

買主の当てがない場合は大変

先ほど書いたように、友人・知人・親戚など、すでに顔がわかっている人に売る場合は不動産会社が間に入らなくてもそこまで問題にはなりません。しかし、そんな当てもなく、1から買主を探す場合、事情は少々異なります。

マンションという高額な資産を手放す取引である以上、誰に売るかは慎重に見極めなくてはいけません。1人1人としっかり話し合わなければいけないので、これだけでもかなり時間を割きます。

また、不動産会社を通した場合、広告活動をしてくれるので、より多くの人に自分のマンションを知ってもらえるチャンスがたくさんあります。しかし、自分でやった場合、なかなか大規模な広告活動はしにくいので、マンションを売却することすら世間の人に知ってもらえない可能性も高いです。

参考:マンション売却のチラシ配り、何に注意すればいい?

不動産会社を通した方がやっぱり信用される

買主側の心理からも、不動産会社を通さないデメリットは指摘できます。高額な買い物をするときは、やはり信用できる場所から買いたいと思う人が大半です。もちろん、マンションについてもこれは当てはまります。

やはり、買うなら不動産会社を通じて……と考える人は多いのです。人から信用される、という意味では、不動産会社を通さないのはかなり不利になります。

結局、どっちがいいのか?

ここまでの話を踏まえて、マンションを売却する場合、不動産会社を通した方がいいのか、通さない方がいいのか結論を出してみましょう。

基本的には通す方向でいくべき

先述した通り、顔がわかっている人に売却したり、ご自身が専門知識や経験を豊富に有しているなら、不動産会社を通さないのも一つの選択肢です。

しかし、こういう事情がない限りは、仲介手数料を払うことになっても、不動産会社を通した方がいいでしょう。自分でやらなければいけない仕事を人にやってもらうとしても、仲介手数料を払う価値はあります。

参考:マンション売却にかかる仲介手数料ってなに?とことん解説!

喜んで手数料を払いたくなる仕事をしてくれるなら……

仲介手数料を払うからには、しっかりとした仕事をしてほしいところですよね。やはり、担当者との相性は見極めましょう。相性のよくない担当者と組むと、なかなか話がまとまらずイライラする原因になります。

不動産会社を通す以上、いい仕事をしてもらうようお願いする権利はあるのだから、ご自身の希望をしっかり伝え、納得がいく取引を心掛けましょう。

参考:【徹底解説】不動産会社の選び方・7つのポイント

マンション高く売るならこのサイト!

マンション一括査定サービスの中で一番優秀なのが、「マンションナビ」です。独自のマッチングシステムで約500社の不動産会社の中から信頼できる会社を選択できます。初めての売却は失敗が多いので、マンションの売却を失敗しないためにもマンションナビを利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です