マンション、売るか貸すか迷ったときに考えたい5つのポイント

転勤、ご家族の介護などのやむを得ない理由で、住み慣れたマンションから離れなくてはいけない日がくるかもしれません。そんな時、選択肢は二つあります。売ってしまい、そのお金を元手に新しい家を買うか?それとも、残して、誰かに貸して家賃収入を得ながら、自分たちは別のところで生活を営むか?

どちらにするか決める際に、考えていただきたいポイントを解説します。

住宅ローンはいくら残っている?

マンションに限らず、不動産を売る場合に必ず考えなくてはいけないことがあります。それは、「住宅ローンの残高がいくらか」という点です。住宅ローンを組む場合、金融機関は物件(ここではマンション)に抵当権を設定します。

参考:住宅ローンが残っているのにマンションは売却できる?押さえておきたいポイントも解説

つまり、マンションを担保としてお金を貸し、住宅ローンの返済が滞ったら、最終的には競売にかけてしまう権利です。この権利は法務局に行き、「抵当権抹消登記」と呼ばれる手続きを行わないと消すことができません。

抵当権抹消登記を行うためには、債務を完済する=住宅ローンの残高が0になるのが条件となります。マンションを売るか残すか迷ったときは、まず、住宅ローンの残高がいくらあるかをチェックするところから始めましょう。

残高がある場合であっても、一括返済できそうな金額なら、売却を視野に入れていいかもしれません。一方、一括返済できそうにない金額なら、残して賃貸物件として活用しながら、家賃収入を得て、その後の身の振り方を考えてみましょう。

いつ売りたいのか考える

仮に、売るという選択肢をした場合、いつ売りたいのかを明確に決めるのも大きなポイントです。特に、転勤やご家族の介護など、早めにマンションを売ってしまわなくてはいけない場合は、「いつまでに、この金額で」という目標を明確にするのがとても大事になります。

期限までに売れそうにない、と判断した場合は、不動産会社の担当者と話し合いをした上で、営業戦略を変更したり、金額の交渉に応じたりなどの工夫も不可欠です。一方で、「特に急いではないけど、できれば高く売りたい」という場合は事情が異なります。

参考:マンションを1円でも高く売る方法5選

ある程度は強気の交渉に臨めるでしょう。もちろん、この場合でも不動産会社の担当者との話し合いは必須です。ご自身の希望を不動産会社の担当者にきっちり伝える工夫は忘れないようにしてください。

どんな人に貸したいのか考える

マンションを残して、賃貸にする選択肢の場合でも、やはり考えをめぐらす必要はあります。実際は不動産会社・管理会社と組むことになるので、ご自身が手続やトラブルの仲裁に入る可能性は低いでしょう。

そういう場合であっても、入居を希望する方と顔合わせをするのは当然の流れなので、「この人なら住んでもらってもいいかも」と思える人を見つけましょう。「……何となくこの人は無理かも」と思った場合は、遠慮なく不動産会社・管理会社の担当者に相談するのをおすすめします。

また、転勤など、期限を決めた転居の場合、入居者が希望の時期に退去してくれないというトラブルも起こりうるのが現状です。任期があらかじめ決まっている場合は、契約自体を定期借家権に設定し、その上で入居者を募る方向で手配を進めてください。

参考:突然の海外転勤、マンションはどうする?3つの選択肢を知ろう!

資金計画を明らかにする

マンションを残したまま賃貸を行う場合は、貸し続けることでどのくらい家賃収入があるのか、そして、貸し続けるためにどれぐらいの経費がかかるのかをあらかじめ把握する必要があります。

つまり、資金計画を明らかにすることが必須です。この計算は、ある程度知識がないとできないのも事実なので、不動産会社と綿密なシミュレーションを重ねましょう。

残念なことに、不動産会社の担当者の中には、楽観的な見積もりでシミュレーションを行い、実際の結果が厳しかった場合のアフターフォローがないという人もいます。このような担当者に当たってしまうと、うまくいくものもいかなくなってしまうので、担当者の見極めはしっかり行ってください。

複数の不動産会社をあたる

では、いい担当者に巡り合うためには、どうすればいいのでしょうか?売却する場合でも、残して賃貸に回す場合でも、共通点はただ一つです。「いきなり不動産会社を1つに絞りこまない」ことでしょう。

引っ越しまでに時間がない場合、焦るあまりに不動産会社の選定をおろそかにしがちです。大半の不動産会社の営業マンはしっかりとした働きぶりをするはずなので、特に問題がなく進むはずですが、中には相性の良くない人もいるかもしれません。

マンションを売る、人に貸すというのはある意味人生の一大イベントです。多額の資金も動く大事な取引を、信頼できない人に任せたいでしょうか?

テクニックも大事ですが、本当は「信頼できる人を見つける」のが一番大事なはずです。1つの不動産会社だけで信頼できる人に当たればとてもラッキーですが、そうでない場合は、複数の不動産会社を当たる勇気を持ちましょう。

参考:【徹底解説】不動産会社の選び方・7つのポイント

マンション高く売るならこのサイト!

マンション一括査定サービスの中で一番優秀なのが、「マンションナビ」です。独自のマッチングシステムで約500社の不動産会社の中から信頼できる会社を選択できます。初めての売却は失敗が多いので、マンションの売却を失敗しないためにもマンションナビを利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です