マンション購入時のリフォーム、メリットデメリット徹底比較!

中古マンションを買って、リフォームをして住むのは珍しくなくなりました。リーズナブルな値段で、自分好みの住環境が手に入る方法として注目されています。メリットは大きいですが、一方で、デメリットがあるのも事実です。このあたりをしっかり解説します。

マンションのリフォームのメリット

マンションのリフォームには、どんなメリットがあるのでしょうか?次の3点に注目しました。

自由に設計できる

「中古マンション+リフォーム」を選択する人の大半は、このメリットに着目しているでしょう。リフォームをすれば、壁紙・床の色、システムキッチンのデザインに至るまで、様々な部分で自分好みの物件に仕上げることができます。

「どんな家に住むかも、自分のライフスタイルとして重視している」と考える人だったら、大きな魅力を持った部屋になるでしょう。

物件の選択肢が増える

有り余るほどお金を持っているなら別ですが、ほとんどの人にとっては、限られた予算の中で、できる限り自分の希望にかなう家に住めるかが問題となるはずです。

新築マンションだけを視野に入れて探していると、予算の面で折り合いがつかない、自分が住みたいと思うエリアに物件がないなどの理由で、途中で計画の見直しを迫られるケースが多々あります。

しかし、中古マンションも選択肢に入れれば、予算・エリアの面で柔軟性を持った家探しが可能となるのが大きな魅力でしょう。

コストが抑えられる

築年数以外の条件が同じと考えた場合、新築マンションより中古マンション+リフォームの方が、希望する物件を割安で手に入れられます。中古物件の価格・リフォーム工事の規模にもよりますが、大体2~3割程度安いでしょう。また、新築のマンションは大きな値下がりリスクにさらされています。新築後1年経過してしまえば中古とされ、その後もどんどん値下がりしていくためです。

マンションのリフォームのデメリット

一方、次のデメリットにも注意しましょう。

耐久性に不安がある

中古マンションを購入する場合、一番注意しなければいけないのが物件の耐久性です。今でこそ、マンションを建築する際は厳重な管理のもと工事が行われていますが、昔はそこまで行き届いていませんでした。中にはいわゆる「手抜き工事」の物件も混じっているかもしれません。

1981年6月に耐震基準の大幅な見直しが行われたため、この年以降に建築確認を受けているかどうかを一つのチェックポイントにしましょう。ただし、これ以前に建築確認を受けたものであっても、設計のレベルが高ければ、検討するに値するはずです。迷っている場合は、一度専門家に鑑定してもらうといいでしょう。

参考:マンションは築年数だけで評価すべきでない理由と適切な対応

リフォーム業者の中には、顧客へのサービスの一環として専門家への紹介を行っている会社もあります。築年数の古いマンションを購入する際は、相談してください。

住めるようになるまで時間がかかる

新築マンションや、中古マンションにそのまま住む場合は、住みたい物件を探して購入手続きが完了したら、比較的早い段階で住めるようになります。しかし、リフォームの場合は、設計、施工などが間に入るので、住めるようになるまで時間がかかるのが特徴です。

また、ご自身の望み通りの物件にしようとすると、業者との打ち合わせの回数を増やさなければいけないため、時間の確保が大きな課題となります。土日だけで対処できればいいですが、なかなかそうはいかないのも現実です。仕事で忙しい場合は、安易にリフォームの計画を立ててもとん挫するかもしれません。

ローン商品を選ばなければいけない

中古マンション+リフォームの場合、リフォーム資金をどうやって確保するかが問題となります。現実的には、自己資金とローンを組み合わせますが、ローンの性質についても熟知していないといけません。

リフォームに利用することを目的として提供されているローンをリフォームローンと言いますが、担保のあるなしによって、条件に大きな差があります。わかりやすくするために、違いを表にまとめました。

金融機関が「リフォームローン」という単体のローン商品として提供しているものが無担保のリフォームローン、住宅ローンの中にリフォーム費用を組み込む形の商品として提供しているのが有担保のリフォームローンと考えてください。

無担保のリフォームローン 有担保のリフォームローン
抵当権の設定 扶養 必要
金利 高め 低め
借入可能金額 少ない(最大500万円程度) 大きい(最大5,000万円程度)
借入可能期間 短い(最長10年程度) 長い(最長35年)
審査の厳しさ 比較的緩い 厳しい

もし、中古マンション+リフォームを考えているなら、購入したタイミングでリフォームにとりかかるのをおすすめします。住宅ローンと一括で借り入れれば、審査も総額で受けられ、その後の抵当権の設定手続も一度で済むからです。

無担保リフォームローンは審査には通りやすいですが、金利が高いうえに返済期間も短いため、毎月の負担額が大きくなります。できる限り利用しない方が、資金面では楽です。

また、ローンを契約する以上、リフォーム代はいくらくらいになるかを把握し、リフォーム代も含めたローン総額をどうやって支払っていくのかを考えなくてはいけません。無理な返済にならないよう、余裕を持った資金計画を立てるのがとても重要になります。

マンション高く売るならこのサイト!

マンション一括査定サービスの中で一番優秀なのが、「マンションナビ」です。独自のマッチングシステムで約500社の不動産会社の中から信頼できる会社を選択できます。初めての売却は失敗が多いので、マンションの売却を失敗しないためにもマンションナビを利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です